« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月24日 (金)

白幡F1通信(*^_^*)

元エンジンメンテナンス科の白幡先生から携帯メールで「今週のAutoSports見てください」と…catface

     ・・・あ゛・・・品川校のはとりです(笑)

ダメもとでコンビニに寄ってみる・・・無いな…(あるとこにはあるんですが)

しかたがないので本屋へrun

さっそく開いてみたら

sign01予想以上flair

見開き4ページに渡って特集が組まれていました。

それがこちら↓

723_topKazuki
Page2
Page1
Page4
Page3

てな感じです。

すごく読みごたえのある特集なのでぜひ買って読んで保存しといてくださいsmile

そんなこともあり久々に白幡先生を検索していたら面白いもの見つけましたよ。
STINGER proto

更に、授業資料で使える動画ないかな~なんて探してたらまたまた面白いもの見つけちゃいましたflair

YouTubemovie

http://www.youtube.com/watch?v=Li7ukeIX0KA&eurl=http%3A%2F%2Fwww%2Eyoutube%2Ecom%2Fuser%2Fhatorintube&feature=player_profilepage

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

『アーク溶接』講習

エンジンメンテナンス科1年生が梅雨も明けた真夏日に、『アーク溶接』の講習を受講しましたsun 

まずは、安全に作業するための講義を受講しました。忘れていましたが、エンジンメンテナンス科の溶接授業の特別講師は、夏目先生(←夏目先生について詳しく知りたい方は、ここをクリックしてください) です。それでは、講義も終わって実習開始です。P7160059P7160060

最初は、なかなか上手く溶接できませんが、アークの光から目を守る『安全行動』は完璧ですscissors でも、作業を重ねるとP7160042 P7160057

溶接作業も上手くなってきました。P7160048P7160066 

エンジンメンテナンス科、ただ1人の女子学生もがんばってますgood というより男子学生よりも上手いくらいでした。

でも、さすがにこの時期の溶接作業は暑いのでsun みんな休憩しながら3日間の講習をガンバリました。P7160045P7160050 P7160043  P7160056

これで、エンジンメンテナンス科の学生は、明日から夏休みですhappy01 ゆっくり長い休みを楽しんで、また授業で会いましょうgood

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年7月 3日 (金)

セミナー(選択実習)授業 Ⅰ

エンジンメンテナンス科では、2年生になると、学生達が授業を選んで受講する『セミナー(選択実習)』を行っています。このセミナーは、学生達が1年間学んだことを活用して、考えながら学生達が進めていきます。いつもの授業とは、ちょっと雰囲気も違いますので、その様子を紹介してみますimpact

●『フォーミュラーTOYOTA』の整備

P6120076P6120078まずは、エンジンを始動して、今の状況を確認しました。さあ、作業開始ですscissorsP7030001_2P7030003P7030016P7030020     

「エンジン整備グループ」と「シャシ整備グループ」に分かれ、まだ作業が始まったばかりといったところです。

●フル・コンピュータ・チューニング

P7030012P7030010こちらは「Motec」という「レース用コンピュータ」を使って、RX-8のロータリー・エンジンを動かしていきます。P7030008P7030007   

まずは、パソコンでデータの作成です。これが、上手くいかず、悪戦苦闘してますcryingP7030009P7030005 

●SR20エンジンの整備作業

こちらは、去年まで実習車として使っていた「NISSAN・シルビア」のエンジンを使ったエンジン実習です。P7030027P7030028 

今は、エンジンを分解しました。P7030021P7030024 

P6120073P7030022 部品を1個ずつ点検、清掃しているところです。そして、組み付け作業に進んでいくと思います。

このセミナー授業は、12月まで毎週金曜日に行われていきます。フォーミュラーTOYOTAの整備』、『フル・コンピュータ・チューニング』、『SR20エンジンの整備作業』 と3つの授業がどのように進んでいくか、随時、報告していきますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »