« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月 3日 (火)

FIM SPEA トライアル世界選手権シリーズ 第4戦に行ってきた!

ワーゲンバスオフロードバイクをこよなく愛する會澤です。

今回は5/31,6/1に『ツインリンクもてぎ』にて開催されたトライアル世界選手権に行ってきました。happy02

東京工科の学生さんにとってトライアルといえば学園祭でデモランしてくれている野崎史高選手西元良太選手ですよねshine当然このお二人もエントリーしていました。(下の写真は第1セクションの野崎選手)

1 トライアルとはどんな競技かというと、スピードやタイムを競うものではなく、セクションと呼ばれるエリアでの減点と、全競技時間の制限時間によって勝敗が決められる。競技は、15カ所のセクション(採点区間)を2ラップして争う。つまり第1セクションから第2、第3とセクションの番号順に走って、第15セクションまで走ったら1ラップ目が終了。同じようにして、2ラップ目も第1~第15セクションまでを走る。選手に与えられた持ち時間は、5時間30分。ただし、1ラップ目は3時間30分以内に走らなければならない。採点方法は、すべての減点がなければ減点0、足つき1回や、全規定時間に1分遅れるごとに1点の減点、足つき2回なら2点減点、3回以上なら(何回でも)3点減点。転倒やセクション制限時間をオーバーしたら5点減点ということになっている。

という競技方法だが簡単にいえば信じられないようなとこをカッコいくバイクでクリアしていきます。

34 どうやったらあんな岩に登れるの?あんな大木に飛び移れるの?という感じだが・・・ズーッと見ているとうちの子は「簡単そうだねsmileだってポンポン飛んでくもん!お父さんもできる?」「無理・・・」

5_26

トライアルは練習走行ができません。いきなり本番になるので走る前にコースをよ~く下見してからアタックsign03学園祭でおなじみの野崎選手かなりイケイケでした。

78 こんなとこ登っちゃうなんて・・・凄すぎ・・・

910 女性ライダーも参加していました。けど・・・岩場を乗り越えて(左写真)急な斜面でターン(右写真)思わずビビッて車体を左に傾けたら車体はズルズルと滑り落ちちゃうから車体を斜面側に起こさなければいけません。とはいうものの怖いよねぇ~!(こんなとこ、わかってても無理・・・)

1112 学園祭でおなじみの西元選手もよ~く下見してから駆け上がってきましたhappy02

1314 野崎選手も豪快に駆け上がってきましたhappy02

15_218 岩の上にフロントリフトアップさせて登ってくる~sign03フロントをどこに落とすか下見で見極めて駆け上ってくるんだから凄すぎ・・・

16_217 黒山選手(左写真)と、今回、3位shineに輝いた藤波選手(右写真)です。

1920 
今回、優勝したトニー・ボウ綺麗に決めてくれましたshine

スピードにこだわらず着実に一つ一つクリアしていく。トライアルってなんかいい感じだなぁ~sign03とちょっとウズウズしちゃいました。

ちなみに野崎選手は1日目12位、2日目6位sign03西元選手は1日目16位、2日目17位sign01という結果に終わりました。

ホントに凄い人が学校に来てくれています。11月学園祭で両選手に会えるのが楽しみな會澤でしたbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »