« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月29日 (土)

寺崎会長 還暦祝い!メンテ科大集合。

shine昨晩はエンジンメンテナンス科の会長、寺崎先生の還暦祝いhappy01

      and メンテ科 NewFace? 片倉先生の歓迎会 and 長窪先生の栄転?祝い。

メンテ科職員だけでなく、元メンテ科職員や関係者の方々が寺崎会長の還暦を祝って集まってくれました。

場所は、メンテ科焼肉会議室、中野の牛繁taurus

Rimg0278Rimg0282Rimg0284Rimg0317

いつもながらにざっくばらんな始まりと流れsmile

偶然居合わせた整備科の先生方と卒業生も乱入flair
Rimg0280Rimg0289_2

 

 

 

 

そちらの席にも混ざっちゃうnote
Rimg0296Rimg0294

 

 

 

 

メンテ科HPのデザイナーさとけぇより花束贈呈。
そんな細かな心遣い、みんなすっかり忘れてました…sweat01 ありがとうcoldsweats01
Rimg0318Rimg0310Rimg0312Rimg0309

 

 

 

 

ここでメンテ科NewFaceの片倉先生から抱負と意気込みを挨拶代わりにいただきましたhappy01
メンテ科の学生たちをよろしくお願いします。十分満足させてあげてください。
期待していますscissors
Rimg0333Rimg0354

 

 

 

 

更に、わいわいがやがや職員会議が盛り上がるnotes
Rimg0306Rimg0304Rimg0336Rimg0353Rimg0330_2Rimg0337

 

 

 

気付けばけっこういい時間になり、終電間際の方もちらほら…coldsweats01

多種多様な優秀な能力を買われ、この先本部に一時出向?になる次期顧問の長窪先生から締めの言葉を頂き楽しいひと時を終了しました。
長窪先生の奥様、クッキーありがとうございました。本当においしかったですよhappy02
お店出したらいかがですか?
Rimg0359Rimg0348

 

 

 

 

 

寺崎会長は、4月からメンテ科名誉会長として、これからも末永くメンテ科に関わっていただきますので皆さんこれからもよろしくgood
なので、送別会ではありませんsmile

Rimg0362

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

自動車の雑学  Part-4

 年代物の優れた逸品に「ヴィンテージ○○○」と呼んで珍重されているものがある。

   一般に知られているものでは、ヴァイオリンのストラディバリウスやジーンズのリーバイス501、ギターのレスポールなどがあり、これらを買おうとすると驚くほどの高額の値が付く。この他でも、ライターや万年筆、カメラ等々ヴィンテージが付けられているのは数多くある。

そこで、今回はヴィンテージを取り上げた。

  この語源はフランス語のvendangeから来たもので、それを英語でVintage「~の頃」、「時代」と呼んでいる。
   フランスは何といってもワインが有名で、そもそもは、ぶどうの収穫から醸造を経て、瓶詰めされるまでの工程に対してこのヴィンテージを使っていたようだ。それが、その後ワインに使用されたぶどうの収穫年、つまり、良質の葡萄の当たり年(偉大な年の仕込み)をラベルに表示するように変化したもので、これが、ヴィンテージ ワイン○○○として今では高級ワインとして扱われている。Photo_4

                        ワイン用葡萄

  この仕込み年を表示することにより、愛好家はその葡萄の味が最も良くなる熟成期間が分かるようになり、最も適した時期に味わうことができるようになった。
  現在、流通されているヴィンテージ ワインは、その種類や成熟期間で値段が大きく変わり、良質の葡萄が使用されたものでは十数年~三十年程度成熟期間を経たものが最も高値が付く。つまり、ワインはただ単に古ければ良いというものでもない。

Q7.写真はヴィンテージ ワインの代表 「ロマネコンティ」1993年物であるが、さて、値段はいくらか?         Photo_26         
     1.  80,000円
     2. 340,000円
     3. 680,000円
     4.1,260,000円

                                  「ロマネコンティ」1993年物

 

前置きがだいぶ長くなってしまったが、自動車にもヴィンテージ カーと呼ばれるものがある。
   これは、イギリスで最初呼び始めたもので、1919~1930年頃にイギリスで造られた車に対してこう呼ばれた。また、それより古いもの(1904年より前)はヴィテラン カー(Vetelan  Car)と呼んで区別されていた。

 なぜ、イギリスで車にヴィンテージという言葉を使ったかというと、1919~1930年頃のイギリスは自動車産業が急激に発展し開花した時代で、この時代は、雨後の筍のように大変な数の自動車メーカーがひしめき合い、丁度葡萄の当たり年に似ていたので、このように呼ばれたようだ。
  ヴィンテージ カーとは、自動車マニアが1919~1930年頃にイギリスで生産された車に対して呼んだ呼び方である。

  ここで問題、
Q8.1919~1930年頃のイギリスには何社ぐらいの自動車メーカー(トラック、バスメーカーを除く)が存在していたか?
   
1.約20社
    2.約40社
    3.約60社
    4.約80社

   この年代の車は大変個性的なものが多く、中には品質を徹底的に追及したものや豪華な装飾を施したもの、デザインに凝ったもの、或いは低価格で気軽なツーリングが楽しめるもの等、様々なものが生産され市場に送り出されていた。
   幾つか挙げてみると、

1.ベントレー
  ベントレーを一躍有名にしたのは、1924、27、28、29、30年と5回ルマンで優勝した。29年には4台出場して1.2.3.4位まで独占するという例のない完全優勝をしている。 

Photo_9Photo_27  

 

 

 

写真1.                             写真2. コクピット
1924年 スピード シックス 6597cc 6気筒 SOHC 4バルブ 180bhp  147.2km/h
  

2.ロールズーロイス
Photo_19

                           写真3
      1910年 40/50HP シルバーゴースト 6気筒 幽霊のように静かに走ったのでこの名前が付いた。    15,000マイル(24,000km)を昼夜ノンストップで走りきった実績をもつ。
 

3.デイムラー

Photo_29

                            写真4
      1920年 ディムラー タイプ45
 
イギリス最古のメーカーで、戦前は御料車にされていたメーカーだがジャグヮーの傘下に入った。

4.モーガン 

Photo_30

                             写真5
          1922年  エアロ 
モーターサイクルのエンジンをフロントに積み、後ろ1輪をチエンで駆動する軽量スポーツカー、フロントは珍しいスライディング ピラーの独立懸架式。

 

5.ジャグヮー
 Photo_31                             写真6
             1937年 SS100
ヴィンテージ時代よりは若い年代になるが、ヴィンテージ カーとして扱われ人気が高い車。
ヨーロッパでスポーツカーの概念を変えた高性能低価格車。ベントレーと同じ100マイルカー(最高速度160km/h)でありながら、価格はベントレーの1/3であったという。

 以上のように、栄華を極めたイギリスの自動車産業であったが、残念ながら現在では独自の資本で運営されているメーカー(純血メーカー)は存在しなくなっていることは歴史の皮肉ともいえる。

 現在では、イギリス以外のヒストリック カーに対しても、品質的に優れ歴史的な車に対してはヴィンテージ カーと呼び始めている。
例、フランスのブガッティ、ドイツのベンツSSK、スペインのイスパノスイザ、アメリカのピアスアロー等は名車中の名車として有名である。Photo_24

                      写真7
          1928年 ベンツSSK

 当時の日本では、純国産車としてはオートモ号(白楊社)があり、300台ほど生産され、一部は上海へも国産初の輸出が行われたという記録がある。性能はとても比較できるものではない。 

 Photo_32             写真8
      1925年 オートモ号(模型)

 最近は国産車でも、トヨタ2000GTがヴィンテージ カーと呼ばれており、オークションではかなりの高値で取引されているようだ。

ここで問題、

Q9.国産のトヨタ2000GT(当時の価格は238万円)は、レストアされた程度の良いものは幾らで取引されているか?
  1.  850万円程度
  2.1,000万円程度
  3.1,500万円程度
  4.2,000万円程度

答え
  Q7  4(約14年もので1,260,000円)

  Q8  4(1930年代には外国のメーカーも含めると84社存在していた)

  Q9  4(2000~2300万円程度の値が付いている)

       今回をもって自動車雑学は終了させていただきます。

                                          by terasaki
                                               完

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

2008 春の走行会 2nd

                 會澤先生ごめんなさい。ブログかぶせちゃいましたcoldsweats01

今日はMSC主催の走行会。2008年2回目でした。

場所はいつもの南千葉サーキット。

rain朝から降り続く雨にも負けず走行会開始sign03

Rimg0151_2Rimg0192Rimg0158Rimg0194Rimg0163Rimg0179

気合は負けてないけど…

路面が…すごいぞ…なんじゃこりゃcoldsweats02

スリックカート?   いや、スケートリンクsign02

    当然グリップ走行などできるはずもなく、ドリフト?と言うよりスライド…

いつもの走行に比べるとスローモーションを見ているようでちょっと面白いbleah

でもって、気合は空回り。車も空回りtyphoon

Rimg0176_2Rimg0161Rimg0206Rimg0212

結果はこんな感じgood

Rimg0203Rimg0213Rimg0231Rimg0232

やっぱしトランスフォーメーションscissors
Rimg0226Rimg0201

でも楽しそうhappy02
Rimg0235Rimg0243

先生方も飛び入り(飛び込み?) 参加。
Rimg0208_2Rimg0204

迷子で重役出勤の雨女と、二日酔いのドリフト職人も走りました。
Rimg0209Rimg0217

てなわけで今回もまた無事に?終了した走行会でしたsweat01

こんな天候の中、こんなへんぴなとこまで集まってくれた在校生、卒業生、関係者のみなさん、おつかれさまでしたhappy01

次回は7月中旬を予定しています。
次回もお友達お誘いの上、多数の参加お待ちしていますcardash

Rimg0249

 

竹内結子に、「お花屋さんheart04」って言われたいはとりでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Street VWs Jamboree 2ndのご案内

空冷エンジンこそ最強のエンジンである!!
と日々、授業で教えている會澤です。
そんなコアな空冷エンジンの集いが3月30日(日)にお台場で開催されます。
今年で2回目となる日本で一番でかいワーゲンのイベントです。その日、お台場はワーゲンで占拠されます!!

2級試験終わってしばし休息の卒業生!
ヒマな春休みをもてあましている1年生!等々・・・普段あまりかかわったことの無いディープな空冷の世界を覗いてみませんか!?

昨年は500~600台のワーゲンが集まっています。昨年に引き続き、身の程知らずの會澤はカーショーにエントリーしちゃいました(^_^)v

Jamboree_poster_2Jamboree_info_3  

それでは、3月30日、お台場でお待ちしております!(^^)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

卒業式...

今日は東京工科専門学校の卒業式でしたhappy02

場所はいつもの中野ゼロホール。

例年通り、来賓の紹介から芦田校長の式辞

山本理事長の祝辞。

Rimg0008Rimg0003Rimg0044Rimg0009_2

小山学園後援会会長 山口様からのお話。
と、式は厳かに進行していきました。

・・・厳かに進行している時って言うのは、大抵、会場ではいろんなことになってまして・・・sweat01
Rimg0030Rimg0016

例えばこんなふうcoldsweats01
Rimg0028Rimg0025

なんだかんだあって証書授与式開始。
Rimg0033Rimg0047Rimg0052Rimg0063Rimg0058Rimg0062_2

東中野校舎の建築、インテリア、Web、インターネット系の証書授与が終わり、一級自動車整備学科の次にエンジンメンテナンス科
自動車系に入るとちょっとにぎやかになってくる…smile
と言っても、特に問題も無くメンテ科も終了。

次が期待の自動車整備科up
毎年何かが起きる…。
今年もきっと………

起きましたcoldsweats01

Rimg0079Rimg0080

こんなのも…happy02
Rimg0122Rimg0119

おかげで中野の卒業式はいつも笑えます。
泣いてる人は…       見たことないかもsign02

そんな感じで今年の卒業式も楽しく終了しました。

最後は、保護者の皆様と共に我々も卒業生を送り出し、記念撮影やら握手やらheart04
Rimg0116Rimg0112Rimg0135

最後の写真は何だ?って…
当然、可愛い教え子たちですよsmile

ではでは、ブーイングが起きないうちにこのへんで。

おまけ。
Rimg0139

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

2008 F1開幕!

昨日、2008年度のフォーミュラ1グランプリがオーストラリアのAlbert Parkで開催されましたdash

Kazuki2Kazuki1

エンジンメンテナンス科から派遣されている?白幡先生所属のWILLIAMS開幕戦から好成績で幸先のいいシーズンスタートとなりましたhappy02

Sirahata1Sirahata2

白幡先生は、今年度から中嶋一貴と共に世界中を転戦することになり、昨年自分でテストしてきた車両も一緒に転戦しています。
Kazuki11Kazuki5

ちなみに担当は右後ろのタイヤを外す係りらしいですhappy01
残念なことに昨日のTV中継では見つけられませんでしたが…
右後ろってカメラに映らないんだよねぇsweat02
Sirahata3Williams3

まあ、そのうちレ-ス直前に中嶋と話している姿が映るのではないかと期待していますtv

自分がテストしてきた車両と、そのテストドライバーと共にF1GP転戦ってなかなかありえない状況だと思います。
昨日の電話でも「自分はホントに運がいいんですよ!」って言ってましたが、端から見てれば運だけでそんなことにはならないっていうことがよ~く分かります。
目標に向かって楽しく動いている人には「運がいい」って感じるんでしょうがそんなことはありませんね…scissors

夢を持って、それを目標に変えて、それに向かってちょっとしかわき目を振らず(笑)一歩一歩進んでいけば思い通りに人生は運んでくれるものですね。

皆さん、考えていても何も変化は起こりませんよ。
まずは行動しましょう!

Nico1Nico2

おまけ情報…

昨日はオーストラリアのホテルのバーから打ち上げパーティの様子と共にスカイプで電話が来ました。
日本は午前1時過ぎぐらいでしたが現地は3時過ぎなはず…sweat01
クリアな音声と共に盛り上がっている様子がヘッドホンから聞こえてきて自分もその場で白幡先生と話しているような錯覚に陥らせていただきました。

会話の最初はレースや中島一貴の話だったのですが、すぐに今の状況説明が始まり、いつものように?大人の会話に変わってしまいましたheart04

内容は…詳しく言えませんsmile
フォース・インディアのねーちゃんがどーとかこーとか…
タトゥーの位置がやばいとか、
○○がでかい、とか…
天井が鏡張りで、視線が…
映像送れ!とか…

そんな会話はしていませんよね…bleah

Williams4

てなわけで次回はマレーシア。

シーズン2008、メンテ科は白幡先生とWILLIAMSを応援していきますscissors

★今回の名言(迷言?)

    昼は車で夜は○○heart04           by Sirahata

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

新年度学校見学会!

2008年度 見学会の日程が決まりましたhappy01

まずは最新の予定を載せておきます。

Photo

ちなみに真ん中の写真に写っているのがメンテ科の優秀な?学生たちですhappy02

突然の写真撮影にちょっと緊張気味でしたが、皆さんこころよく引き受けてくれました。
協力していただいた皆さん、ありがとうございましたheart04

パンフレットには新高校3年生と記載されてはいますが、エンジンメンテナンス科は、HPにも書いてあるとおり、年齢、国籍、性別まったくこだわりません。マニアックな自動車好きの集まりですsmile
この先も学生の皆さんの授業風景や学園生活などが載せられてくると思いますので楽しみにしておいて下さい。

↓ちなみに、撮影後の緊張がとけた様子…scissorsきれいなお姉さんは広報の吉田さんheart02

Cimg2439

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »