« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月19日 (火)

合同企業説明会!

shine2月18日、19日の二日間にわたり、東京工科専門学校の合同企業説明会が開催されました。shine

 開催場所は例年どおり代々木にある「国立オリンピック記念青少年総合センター
代々木公園、明治神宮に隣接しているこの施設は都心とは思えないほど気持ちのいい空間を作り上げている。
Rimg0676Rimg0679Rimg0682Rimg0688

写真だけ見れば、外国のどこかの街みたいだし、公園と神宮に囲まれているのですごく静かで東京とは思えない場所になっている。
近くに来たらぜひ一度は寄ってみてくださいdelicious

そんなことはひとまず置いといて…dash

今回参加していただいた企業数は220社以上。
そのうち自動車系企業が約半数。
東京工科専門学校の学生のためだけにわざわざ足を運んでくださった各社の人事部の方々に感謝いたします。
ありがとうございましたhappy02

早速そのときの模様をお伝えしたいと思います。

 メンテ科を含め自動車系の学生は18日の午後、3ラウンド。19日、6ラウンドと最大9社の説明会に参加できるシステムになっています。
もっといっぱい聞いてみたいという学生には申し訳ありませんが今回の合同説明会ではこれが限界です…coldsweats02

当然皆さん真剣ですgood
Rimg0633Rimg0639

授業中とは同一人物とは思えないぐらい真剣です…shock
起きていることが奇跡です…
Rimg0655Rimg0641

教科書なんかめったに開かないのにパンフレットは凝視します。
ノートも取らないくせにメモしちゃったりして…
それぐらい本気になってきたってことで良しとしましょうcoldsweats01
Rimg0647Rimg0652

会場は一箇所ではなく広範囲に広がっていますので説明会場を移動する学生も大変です。
こちらも聞かれて答えるほど余裕はありませんので「頑張れ~」しか言えませんsweat01
Rimg0692Rimg0699

終盤に差し掛かり、学生も企業の方もだいぶお疲れの様子でしたがどちらも真剣勝負なので集中は切れず、最後までいい感じで終了しました。
みなさん、本当におつかれさまでした。
Rimg0695Rimg0694

今が人生の一番大事な分岐点です。

学校を卒業して社会人になり自立してこそ自分の人生が初めてスタートします。

このスタート地点に、よりよい条件で、気持ちのいい状態で立てるように我々も出来る限りのサポートをしていきます。
でも、自分自身が本気にならないと何にも始まりませんが…

自分の人生です。今が本気になるときです。

頑張りましょう!happy01

--------------ぜんぜん風邪が治らない(治る気がない?)はとりでした。

おまけ。
Rimg0705Rimg0685

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

自動車雑学 3

自動車雑学  Part―3

今回は右側通行になぜ左ハンドルが定着したかを探ってみた。

1.初期の自動車のハンドルは?

 当初はヨーロッパやアメリカでも自動車のハンドルは右が多かった。
ヨーロッパやアメリカは既に右側通行であったが、ハンドルは右側に付いていたのが一般的であった。ヨーロッパでは高級車は右ハンドルというイメージが当時あり、この影響を受けてアメリカでもハンドルは右側に付けられていた。
丁度、数年前まで日本でも左ハンドル車に乗るのがステータスとされていたように。 

 これに対して、フォードはあえて左ハンドルの自動車を生産し、これを多量に販売した。
この理由は諸説あるが一番信頼できるのでは、当時のカタログに記載されている「助手席の人が安全に、ぬかるんだ道でも衣服を汚さずに歩道から乗り降りできる」という謳い文句からもわかるように、利用者の使い勝手と安全を重視したことが最大の理由のようである。

2.左ハンドルの張本人はT型フォード?

 1900年代初期のアメリカの道路はほとんど舗装されておらず、雨が降ると泥んこ道になり、ご婦人達には大変だったらしい。また、助手席の人が車道側に降りると(右ハンドルの場合)、当時の車はブレーキの効きもあまいのでぶつけられることもしばしばあったようだ。

1_2

                                                                         1800年代後半のダイムラー(当時は右ハンドル)


 


 

 そこに、信頼性が高く、そして驚くほどの低価格のT型フォード(黒塗りの)が爆発的普及したため、多くの人が右側通行に対して左ハンドル車に乗るようになった。すると、ドライバーは右側通行には左ハンドルの方が具合がよく、そして、安全であること気付き始めた。
 

 T型フォードは1908年~1927年に生産中止になるまで、19年間で実に1,507万台も生産され、アメリカだけでなく世界各国に輸出された。T型フォードの影響によりアメリカではキャデラックも1924年型から左ハンドルに変更され、一方、ヨーロッパでも、フォードより歴史のあるドイツのダイムラーやベンツ(当時はまだ合併していなかった)、フランスのパナールやプジョーでさえも右ハンドルから左ハンドルに変更してしまった。このようにして、右側通行には左ハンドルの自動車が定着し始めた。

 T型フォードはただ単に生産台数が多かっただけではなく、歴史的に意義のあるクルマでもあった。

Q4.次の写真でT型フォードはどれか?

  A 2_3                      B  3_8

 

 

C 4                       D5

Q5.次の諸元で、T型フォードのものと思われるものはどれか?

  1.排気量1800cc、直列3気筒、14Hp、最高速度 約 65km/h
  2.排気量2300cc、直列4気筒、18Hp、最高速度 約 70km/h
  3.排気量2900cc、直列4気筒、20Hp、最高速度 約 72km/h
  4.排気量3200cc、直列6気筒、40Hp、最高速度 約110km/h

Q6.現在、世界で最も生産台数の多いトヨタ・カローラは、1966年の生産開始から      2005年までの間、39年間で大よそ何台生産されたか?

  1. 約  500万台
  2. 約1,000万台
  3. 約3,000万台
  4. 約6,000万台

答え
Q4. D
  A:1913年プジョー べべ
  B:1902年キャデラック モデルA型
  C:1912年ベンツ
  D:1920年T型フォード

Q5.  3

Q6.  3 
  39年間で約3,000万台。
  T型フォードは20年弱で約1,500万台であるから、時代背景を考えるといかにすさまじいものであったかが理解できる。

                                     by terasaki    
                                      次回に続く

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »