« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月28日 (月)

自動車雑学 2

自動車雑学  Part―2

Part―1では、日本がなぜ左側通行になったかが理解できたと思う。
そこで、このPart-2では、アメリカやヨーロッパはなぜ右側通行なのか探ってみる。

1.ヨーロッパ大陸は
 ローマ帝国時代は「全ての道はローマに通じる」といわれたように、ヨーロッパでは国の繁栄に道路は欠かせない役割を果たしていた。
では、ヨーロッパ大陸はいつ頃から右側通行の慣習ができたのか?この点をもう少し詳しく調べてみよう。
 資料では、カトリックによる宗教説(実際に混雑する市街地では指導が行われたこともあったようだが)なども理由にあげているものもあるが、これが習慣化して右側通行が確立されたとは信じがたい面がある。
 これに対して、最も信憑性の高いのはナポレオン説である。
「わが辞書に不可能はない」で有名なフランスのナポレオン1世は、戦略・戦術に長けた人物で、彼の軍隊は大変強力で全盛時は負け知らずの破竹の勢いを誇っていた。
 これは、一説によると相手を攻撃するとき「左側面からの攻撃を加えると相手が対応に手間どり混乱する」ということを見抜き、この攻撃法を戦略のPrat21_4一つとしていたためだといわれている。
つまり、右側後方から攻める(対面した相手の左側)戦略に慣れさせるため、軍が移動するときにも物資補給の荷馬車等も含め常に右側通行を命じていた。これが、大陸全土で習慣になった、という説だ。
 色々調べた中では、この説が最も信憑性の高いものであった。
                                  ↑ナポレオン1世ボナバルト

2.イギリスはなぜ左側通行?
 17世紀のイギリスの主要な交通手段は、ハンサム・キャブという二輪馬車(辻馬車)で あり、それは当時としては大発明でもある乗り物だった。
 現在のタクシーの先駆けとなったもので、かの有名な探偵シャーロック・ホームズ(架空の人物)も好んで利用したことからよく知られている。Prat22
 この馬車は御者席が右側にあり、すれ違い時に相手の馬車との間隔が分かりやすくするため、左側通行するのを習慣としていた。この習慣が自然と左側通行の構図になった。   


                                                               
          ↑イギリスの辻馬車

3.イギリスに統治されていたアメリカはなぜ右側通行?
 アメリカ大陸では18世紀末頃(独立戦争後)、アメリカ東部のコニストゥガ渓谷から近くの都市に小麦を運搬するのに用いたコニストゥガ・ワゴン(6~8頭立ての大型荷馬車)が重要な穀物運搬手段として発達していた。
 この、馬車には御者席が無く、御者は最後尾左側の馬に乗り長い鞭を操っていた。       
このため、反対からくる馬車に鞭が当たらないように、Prat23_2また、すれ違いを安全(車輪に位置を見やすいように)にするため、右側通行のルールが作り出された。これが、アメリカ大陸における右側通行のルーツである。
↑18世紀末頃のワゴン(コニストゥガ・ワゴンとは異なる)

Q3.現在も左側通行の国は世界で何カ国あるか?

1. 10カ国
2. 14カ国
3. 18カ国
4. 22カ国

【答え】
 イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、インド、パキスタン、マレーシア、
シンガポール、ケニア、南アフリカ、キプロス、マルタ、ジャマイカ、ガイアナ、バハマ、
日本、タイ、インドネシア、スリナム
                                          3. 18カ国

 次回に続く         
           by terasaki

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年1月12日 (土)

2008新春サーキット走行会

昨日はモータースポーツクラブ主催の「新春サーキット走行会」でした 車(セダン)ダッシュ(走り出す様)

D1の影響が大きいのか今年はやたらとドリフト車が多いのが特徴。。。

とは言えいろいろな車種が混在しているので?皆さん十分楽しめたと思いますわーい(嬉しい顔)

エンジンメンテナンス科自動車整備科一級自動車学科、卒業生、外部の方など飛び入りもあったりしてなかなか盛り上がりました。

Rimg0537Rimg0547Rimg0542Rimg0553

始まりは皆さんおとなしく(ひまわり除くたらーっ(汗))走行していましたが、小さなサーキットで貸切なのでルールさえ守っていれば誰にも文句は言われませんから、初めてサーキットを走る人、腕をあげたい人、早く走りたい人、ドリフトを極めたい人それぞれにヒートアップしていきまするんるん
Rimg0563Rimg0559Rimg0595Rimg0550

電球いろんな意味でトリッキーなコースなのでいろんなことになっていく衝撃
Rimg0552Rimg0585Rimg0578Rimg0590

いつのまにか車の形もトランスフォーメーション・・・たらーっ(汗)
Rimg0610_2Rimg0615

それでも元気に走り回るウインク
Rimg0613Rimg0608Rimg0619Rimg0599Rimg0624Rimg0623_2

パドック?内の風景
Rimg0572Rimg0573Rimg0574Rimg0571

わーい(嬉しい顔)皆さんお疲れ様でした。
次回は3月24日の予定です。確認はメンテ科HPコミュニティで。
また頑張りましょう指でOK

Rimg0626

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

謹賀新年!

明けまして おめでとうございます!

ついに2008年がスタートしました(^^♪

いろいろあってちょっと遅い挨拶になってしまいましたがあしからずです。

昨年は本当にいろんなことが重なって(いいことも問題も…^^;)かなり充実した?年でしたが、その分今年はいい風が吹くのではないかと期待していますが…はたして実際は…?

何はともあれ今年もエンジンメンテナンス科は、更なる進化を続けていきたいと職員一同パワーアップしていく所存でおりますので皆様の変わらぬご支援ご鞭撻よろしくお願いいたします(*^^)v

ホームページもお正月バージョンです(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »