« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月28日 (金)

今年もNISMO(^^♪

エンジンメンテナンス科では今年度もNISMO(ニッサン モータースポーツ インターナショナル)の内定をもらいましたうまい!

Nismo

毎度ありがとうございます。はとりです。

いえ、私のことではありませんあせあせ(飛び散る汗)

現在2年生の 張 夋綬(チャン ジュンス)君のことです。
PhotoPhoto_2

彼は韓国人留学生なんですが、実は前回の内定者にも韓国人留学生がいました。

何で? NISMOって韓国人好きなの?って思われるかもしれませんがそれは違います。

はっきり言って日本人の学生とは「情熱」が違うんです。

彼の経歴から述べれば

・子供の頃から自動車好き。
・大学に入ってから自動車に乗り始め車いじりが始まる。
・モーターショーのようなものに行きチューニングの世界にカルチャーショックを受ける。

ここまでは日本の学生とほとんど変わりません。ここから違いが始まりますウインク

・日本のチューニング技術を知りたくて日本に留学していた知り合いに連絡を取り、東京工科専門学校を知り、更にマニアックなエンジンメンテナンス科を選びやってきたわけです。
・そのときには既にNISMOの存在を知り、調べ上げ、入学してきたときから
「せんせー、NISMOに入りたいんですけど、どうしたらいいですか?」っていきなり聞いてきました電球
NISMOはエンジンメンテナンス科でも狭き門なので
「授業に集中して授業内容を出来る限り吸収すること」「履修判定試験では常に上位10%以内に入っていること」「学校は休まないこと」「夢は何があっても絶対あきらめないこと」
と、その時にはいつもどおりにアドバイスしました。

日本人学生は大抵ここであきらめます。日本人なのに…。日本語出来るのに…。留学生に比べたら当然ハードルは低いのに。あ~もったいないもうやだ~(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
頑張れ…日本人。

でも張くんは違いました。猪突猛進とはこのことです。
アドバイスしたとおりのことを必至でやりました。今も続いています。(内定が決まったときは熱出して倒れてましたが…)

Photo_3Photo_4

これは張くんだけではなくて、しっかり夢を持ってエンジンメンテナンス科に入学してきた留学生皆さんに言えることです。当然100%近い確立で実現しています。

だから、エンジンメンテナンス科では
あきらめなければ夢は絶対叶いますと言っています。現実だからです。

張の夢はまだまだ続きがあります。大きな夢です。
それは実現が近づいてきたときにでも話しましょう。

とにかくおめでとう。張 夋綬晴れ
NISMOでも一番を目指してください。

夢の第一歩が叶いました。

*ちょうどこの時、卒業生の李くんが遊びに来ていました。(写真右下)
*話し変わりますけど、だれかこれに気付いた人いますか?
F1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

TYPEⅡパーティー

ひよこ初めての投稿です。

今年からエンジンメンテナンス科に自動車整備科から左遷されました會澤です(^^♪

先週末、3連休のど真ん中、9月16日に横浜のみなとみらい新港埠頭でMOONEYES主催による『TYPEⅡ PARTY 10th』にエントリーしてきましたのでアップしてみます。

Type21_2  TYPEⅡパーティーとは、何かというと時代に逆行した1979年までの空冷VW TYPEⅡのみが一堂に集まるイベントです。そんな楽しいミィーティングにカーショーエントリーした會澤も1968年式 VW TYPEⅡのオーナーです。空冷最高と考えているため私が持っている車両はオートバイも含めてすべて空冷エンジンという変態ですわーい(嬉しい顔)

Rimg0023_3 『横浜 みなとみらい 新港埠頭』に設けられた特設会場に入り口です。ここから先は理解不能な未知なる楽しい異空間が広がっているのです(*^_^*)

 
 

Rimg0024Rimg0025Rimg0026

ゲート入ってすぐにMOONEYESの看板車両のお出ましです。簡単に外観から素人でも判別できるように説明しとくと1967年以前のアーリーバス(右)と1968年以降のレイトバス(左)です。

Rimg0027 そこから先はカーショーエントリーされているTYPEⅡでいっぱいです。

Rimg0134Rimg0028 Rimg0029

ぴかぴか(新しい)バルガンディレッドの1968年式 TypeⅡ American Camper が會澤の車両です。

子供も小さい時からミィーティングに連れて行きVW英才教育晴れを行っています。

 

Rimg0031_2Rimg0033_2 同じ車両ではないですよ!ディテールの違いをよくご覧ください。

Rimg0041Rimg0036Rimg0038Rimg0037

Rimg0040Rimg0042きれいな車両がいっぱい並んでいます。

Rimg0043Rimg0044

Rimg0045Rimg0046

   Rimg0047Rimg0048 ダブルキャブのピックアップですね!(^^)!

Rimg0050 Rimg0049

Rimg0051Rimg0148  この車両、内装がいい感じじゃないですか!今回、一番気になる車両でした(^_^)v

Rimg0063Rimg0056

Rimg0058Rimg0057 かなり手の込んだ造り込みがされています。

Rimg0061Rimg0060

Rimg0059_2フロントサファリウインド、ローダウン、ナロード、WEBERツインキャブレータ、ポルシェファンスタイルクーリングシステム・・・

カッコいいプラス速いバス!

 

Rimg0065Rimg0066こちらもかなり有名な車両です。

Rimg0067_2Rimg0068_2 この2台の車両、ただのボロイ車両と見ます? うちの子は汚い車両と見ていました・・・もし、そう判断するなら残念ながら、うちの子と同レベルです・・・あせあせ(飛び散る汗)

早く違いのわかる男に成長してもらいたいと願う父でした・・・ほっとした顔

Rimg0070Rimg0069  決してタイヤ交換しているのではありません。ポルシェの足回り移植をアピールしているのです。(念のため・・・)

Rimg0073Rimg0075 後ろからグルっと回って左後ろタイヤの前にドーンとサイド管!!

何とも男らしくて結構好きなスタイルです目がハート

Rimg0064Rimg0077

Rimg0078Rimg0080

Rimg0082Rimg0081 レイトバスが2台!ちなみに左のグリーンは『STREET VW'S』(VWの専門誌)にも掲載されたことのある車両です。

Rimg0091Rimg0083

Rimg0086Rimg0085 サーフィンバスが2台!こちらの車両も『STREET VW'S』の最新号に掲載されていました。

Rimg0088_2Rimg0091_3 左の花柄車両はレイトキャンパーバス上がグィッと開いて就寝可能。サイドオーニングも付いててキャンプにはもってこいですね!

Rimg0090_3Rimg0096

Rimg0098 同じく、レイトキャンパーバスです。花柄の車両とはポップアップの開く方向が前後ろ逆の新しい年式の車両です。リアデッキ部分には網戸も付いてて快適な眠りを約束します。うらやましい・・・

 

Rimg0092 Rimg0093_2

Rimg0094Rimg0095 子供が退屈してきたのでランチタイムにしました。もちろんVWバスのケータリングサービスです。これらの車両は実際に移動販売車両として活躍しているお仕事バスです。

Rimg0079Rimg0137

Rimg0139Rimg0138   さて、またまた問題の車両出現です。あなたは、この車両をどう見ます?うちの子と同レベル!?それにしても低いですねぇ~!

Rimg0099Rimg0100

Rimg0102Rimg0103 こちらも、キャンピングカーですね。屋根の一部が開閉するマリンハッチが付いています。これで車両内でかがむことなく、調理でき換気の役目も果たしています。   

Rimg0101Rimg0104

Rimg0105_3Rimg0106_2

Rimg0107_2Rimg0109

Rimg0110Rimg0111 ショーティーというカスタムスタイル(チョロQ)です。見てわかるとおりホイールベースが異常に短いですよね!前後ちょん切って、くっつけてあります。ちなみに左上ドーブブルーのダブルキャブピックアップがノーマルのホイールベースです。どんだけ短くなっているかは一目瞭然!ホイールベース短い分、楽々ウィリーするそうです。一度乗ってみたい・・・   

Rimg0112Rimg0113

Rimg0114Rimg0115  ポップアップ レイトキャンパーバスです。室内空間確保のためスペアータイヤを前に装着していますが・・・日本では、あまり好まれないスタイルのようです。

Rimg0120

Rimg0119

Rimg0121_2Rimg0122

Rimg0123Rimg0126 遅そうに見えますか?でも、エンジンルーム覗くと本気仕様になっているかもしれませんよ!!

Rimg0129Rimg0124  ぴかぴか(新しい)きれいなパネルバンだな~! 本当に美しいという言葉が似合います。

Rimg0130Rimg0131

Rimg0133Rimg0132 スワップミートのお店も大繁盛!!写真は『FLAT-4』です。

Rimg0145Rimg0144

Rimg0141Rimg0143 抜群のストレートボデー、本気仕様のポルシェの足回り、踏み込めばとてつもない加速をしてくれそうなビックモーター、後方に抜けるぶっといマフラーダッシュ(走り出す様)! かっこいいなぁ~! やっぱりお店の看板車両は一味違いますね!!

 

わーい(嬉しい顔)最後まで見ていただいてありがとうございます。きっとあなたは、よっぽどの空冷VWマニアか、変態ですハート。 お疲れさまでしたm(__)m

まだ見たりないという究極の変態さんは『MOONEYES』のHPへどうぞわーい(嬉しい顔)

   

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

H19、マリンセミナの実施

エンジンメンテナンス科のマリンセミナ
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)今年も夏場限定のマリンセミナを行いましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

■セミナ内容
「HONDA製、船外エンジンの分解・整備」
船外エンジンをオーバーホールし、点検・調整を行った後、これを実際の船に取り付けて、性能テストを行うセミナ。
※このセミナでは、オーバーホールしたエンジンを船に取り付け、最大負荷の状態で運転を続けて結果を調べるので、個々の整備技術と作業能力が試されるセミナでもある。

■セミナの流れ
〔1日目〕
 試運転に使用するエンジンメンテナンス科所有のボートをメンテナンスする。

1_22_4 

①マリーナに集合し、まず船底清掃から開始あせあせ(飛び散る汗)
(びっしりと張り付いた藻をスクレパーで落す、とても根気の要る作業)

②2時間かけてやっときれいになり、船を進水させる

③次は船内清掃、エンジン廻りのチェックとけっこう忙しい3_2ダッシュ(走り出す様)
4

                                             

④一通りの作業も終わり、いよいよマリーナの外に出てクルージングによる確認

 

5
“こりゃー調子がいいわわーい(嬉しい顔)
                
クルージング終了して、これで1日目は終了

 

〔2,3,4日目〕
 校内でエンジンのオーバーホール作業6

エンジン本体を取り外し、ピストンやバルブ等を取り外し、クランクケースも分離して完全にバラバラな状態に分解。これを、各部を詳細に点検し、不具合部品を交換して組み付ける。

78 

皆、時間の経つのも忘れて熱心に行っている。 “普段の授業もこれくらい頑張ってくれたらながまん顔

9_210  

組み付け後、調整を終えて試運転の日を待つ完成したエンジン3機

 

5日目:マリーナで試運転
① マリーナに到着車(RV)ダッシュ(走り出す様)1112
(周りには大型クルーザーや小型ボートなどが数多く係留されてる。)

 

②早速、最初のエンジンを船に取り付け、テスト準備完了
(メイン・エンジンの隣りに取り付けてテストする) 

1314  

  

③さて、エンジンは一発で掛かるかな?
     一番ドキドキする時だ電球

④無事エンジンも始動し、暖機を済ませていざ試運転

1516

⑤オー Goodだ!
皆さん、中々調子はいいですよ

⑥2番目のエンジンは冷却水が循環しない涙

 

取り付けて、エンジンは始動したが冷却水がうまく循環しない。取り外して原因究明走る人

1718  

学校では調子良かったんだけどなあせあせ(飛び散る汗)

原因を探して修理完了。再挑戦
やった! 快調だ

 

⑦3番目のエンジンテスト
今度は、俺のエンジンだ、うまく始動するかな?

1920    

 

⑧これは、抜群に調子がいい
  ワハハ、ざまあ見ろ!わーい(嬉しい顔)

21

3機ともエンジンが始動して、フル・スロットルで船を動かすことができて試運転も無事終了。

“この後、全員でメイン・エンジンによるパワーのあるクルージングを満喫し、この日の試運転を無事終了”

 

■学校に戻って修了式(セミナ修了書授与)
結 果 
↓1位:八木君王冠(最も調子が良くパワフルだった)

22  

↓2位:小久保君指でOK
(順調には回ってはいたが少しパワー不足だった)

23  

 

 

 
 
↓3位:唐君、蛭田君手(チョキ)(冷却系統のトラブルは直ったが、これもパワー不足だった)

2425  

26     

最後に全員で記念撮影。ほっとした顔皆さん、無事修了できて満足です。ご苦労様でした。
                                     ひよこTerasakiひよこ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »